アルバイトか、転職か!

看護師生活を続けるほど、働き方に迷いを感じても自然な心理になるでしょう。基本的に不規則な生活リズムになることは、看護師を職業選択する時点で想定するのは必要に迫られます。

もしマンションやアパートなど集合住宅で暮らすなら、顔を合わせる程度なので挨拶はするけど、それ以上は立ち入らない関係性だとします。しかし不定期に出勤するようであれば、女性の場合なら看護師であると予想してしまいます。そのくらい看護師とは不規則な生活をする職業として、代表的な存在になります。

そうなると看護師を始めれば、家族とも生活する時間がズレることが当然になってしまいそうです。まだ結婚相手であれば、看護師ということで覚悟して生活を共にするでしょう。それでもすれ違いで、衝突する原因になることは充分に想定できます。

ただ、それ以上に看護師生活で大変なのが、育児中になるでしょう。子供は生活リズムを、大人に合わせるのは難しいのは当然です。しかも幼いほど、難しい事態になると考えられます。もし長年勤めた居心地の良い職場でも転職を考えるなら、こんな場合になり、そうなるとアルバイトを選びたくなるのも理解できる心情でしょう。

ナースではたらこで働き方を選ぶ

長年勤めた職場であるほどに、転職を考えるのは慎重になるでしょう。それだけ切羽詰まった状況で環境の変化を求められるわけですから、フルタイムで看護師を続けるのは難しい条件になることは充分に想定できます。

しかし看護師の働き方としてアルバイトという選択は狭き門と、そこで諦めるのは早過ぎます。ナースではたらこは転職を支援するのはもちろんですが、新しい職場環境で長く続けることを重要視してサポートします。

だから転職でなくアルバイトという選択を求められるときに、ナースではたらこに相談してみてください。経験豊富な専任コンサルタントにより、実体験のアドバイスを知ることができるかもしれません。ナースではたらこの専任コンサルタントであれば、看護師の転職について関わることでも、多種多様な実例を知っていますから。

その深い知識からのアドバイスであれば、価値のある内容を期待できそうです。もし具体的でなくても働き方のヒントとなることは、その後に参考になる機会はあるでしょう。また働き方として、どうしてもアルバイトを選びたいなど相談すれば、ナースではたらこの専任コンサルタントは親身になってくれるという口コミでも評価の高さが目立ちます。